Bio日本語

ジオ グイドは、ジャズ、ファンク、ブルース、ロック、ラテン、そしてエレクトリックギターを用いたフラメンコ等、ジャンルの枠を超えたギタリスト・ベーシスト。ジオのベースとギターは、ジャズクルセイダーズを筆頭に、著名なミュージシャン達との演奏の中で磨き抜かれてきた。

ジオは1991年7月24日に英国・ロンドンの名門ギルドホール音楽演劇学校を卒業。

1994年6月から1998年11月の間、ジオはジャズクルセイダーズの公式メンバーとして活躍、ヨーロッパ、アメリカ、日本、中国にツアーで回る。その間にはノースシージャズフェスティバル、ウィーンジャズ、ウンブリアジャズ、ポリジャズフェスティバル、ニースジャズフェスティバル、モントリオールジャズフェスティバル、セントルイスジャズフェスティバル、パルヌジャズフェスティバル、ブラコンジャズフェスティバル等などで演奏する。

2000年6月10日、ジオはフランス・モンテカルロで行われた国際ジャズソロリストコンクールにて匿名投稿によって第1位に選ばれる。また、翌年には同コンクールに特別審査員として招かれる。

クルセイダーズでの演奏の傍で、パッティオースティン、ロニーロウズ、ボビーライル、ジョンルシエン、ボビーカルドウェル、マークウァイトフィールド、アルフォンソジョンソン、ジョンビーズリー、アンジェラボフィル、ネイトフィリップス、ロブムーリンズ、リンレイマース、マリオカノンジュ、フランシスラスース、デイヴィッドウィリアムス、ルイスナッシュ、ウィリージョーンズサード、ビンセントヘリング、ダグキャメロン、ウーゴファットルーソ、レスデメーレ、等の著名なミュージシャンと共演する。また、2011年3月に行われたラリーコリエルによるマスタークラスにゲスト出演する。

2017年11月にYAMAMAのギターアンプTHR100Hのプロモーションビデオに出演。

https://www.youtube.com/watch?v=DmI4dUBWNZc


www.gioguido.com


© Gio Guido 2017